乳がん検診論争勃発!? マンモグラフィーって危険なの?

日経トレンディネット

ビジネスパーソンが注意するべき“病気”について、専門家に解説をしてもらうこの連載。女性に特有の病気と思われがちな乳がんについて、前後編で解説します。前編では乳がんにかかりやすい人、症状、男性のリスクなどを解説しました。今回は乳がんで亡くなる人を減らす目的で始まった乳がん検診が、疑問視されるようになってきていることを受け、改めて乳がん検診について、南相馬市立総合病院、尾崎章彦先生に解説していただきます。

胃、肺、大腸、子宮頸部、乳の5つのがんは検診による早期発見の効果が高いとされており、例えば乳がんは検診で早期発見した場合、9割以上の人が治る(5年生存率が9割以上)のだといいます。

国や自治体はがんの早期発見のため、毎年がん検診を受けることを推奨しており、・・・

詳細記事はこちら