「末期がんの兄が乗ります」夜行列車のドラマ…“伝説の車掌”色あせない「伝統」と「あたたかな雰囲気」

産経WEST

3千人余りいるJR西日本管内の車掌の間で、今も語り草になっている「伝説の車掌」がいる。12日にラストランを迎えた豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」に20年以上乗務した元車掌、山本光夫さん(63)だ。クルーが手を振って乗客を送り出すなど「おもてなし」を大切にしてきた伝統は「自然とできあがった」という。そして、乗客一人一人にドラマがあった。数え切れないほどの思い出とともに、山本さんは有終の美を見守る・・・

詳細記事はこちら