温熱療法

温熱療法について

温熱療法は、がん細胞が正常細胞と比べて熱に弱いという性質を利用した治療法です。かつて、がん患者さんが別の病気で何日か高熱を出し、その後がんが小さくなったことから、がんの部位に熱を加えてがん細胞を死滅させようという温熱療法が始められました。

増殖中のがん細胞は、正常細胞に比べ温度が上がりやすく冷めにくいという性質を持っています。そこで、その性質を利用し、がん細胞の温度だけを42.5℃程度になるよう保つと、正常細胞は障害を受けずがん細胞だけを消失することができます。

がん温熱療法

がん温熱療法

温熱療法の種類

1.全身温熱療法
人工の管を血管につないで血液を体外に取り出し、45℃くらいに加温してから体内に戻すことで全身を加熱する療法です。がんが全身に転移した場合に適した方法ですが、熱に弱い脳をも温めてしまうことになり、脳への影響を配慮しなければならず、難しい治療法でもあります。

2.局所温熱療法
一般的に温熱療法というと局所温熱療法をさしていることがほとんどです。マイクロ波や電磁波を用いた装置で、がんのある箇所を局所的に温めます。体の外から加温する方法、がんに電極針を数本刺して加熱する方法、食道や腸、胆管などから器具を入れて加熱する方法などなどがあります。