手術療法

がん手術療法

がん手術療法

手術療法はメスでがん組織を切り取ってしまう治療法です。がんの組織だけを切ろうとするとがん組織を取り残す心配がありますので、普通はがん組織の周りの正常組織を含めて切除します。完全に切除できればがんは完全に治りますから、治療法としては最も直接的な方法です。

早期の胃がんで転移が無い場合は手術療法でほぼ100%治すことができると言われています。また、最近は小さながんは内視鏡的に切除することができるようになりました。内視鏡的切除も一種の手術療法ですが、昔のように全身麻酔をかけて胸やお腹を切らなくても済むようになり、外科的手術であっても患者さんの負担が少なくて済むようにもなっています。

手術療法では、がん組織を完全に摘出する根治手術を理想としますが,がん細胞は目にみえないため,転移により摘出できなかった部位からがんが再発することが多いことも現実です。そのため、進行がんなどには手術の他に放射線療法や抗がん剤を併用する治療が主流となっています。