薬物療法

薬物療法とは

薬物療法とは、薬を使う治療のことです。がんの場合は、抗がん剤、ホルモン剤、免疫賦活剤(めんえきふかつざい:免疫力を高める薬剤)等を使う化学療法が、これに相当します。こでは主に、抗がん剤、ホルモン剤を使う化学療法について説明します。

がん薬物療法

がん薬物療法

がんの化学療法とは

がんの化学療法は、化学物質(抗がん剤)によってがん細胞の分裂を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。抗がん剤は、投与後血液中に入り、全身をめぐって体内のがん細胞を攻撃し、破壊します。どこにがん細胞があってもそれを壊滅させる力を持っているので、全身的のがんに効果があります。

がんは全身病と呼ばれるように、早期にはある部位に限定しているがん組織が、次第に全身に広がっていきます。がんが全身に広がった場合は外科療法や放射線療法などの局所的な治療法では対処が難しいため、化学療法が適した治療法になります。

抗がん剤のそれぞれの長所を生かし、いくつかを組み合わせて併用することで、手術の不可能な進行がんも治療できるようになりました。これからも新薬の開発と併せて、併用療法(抗がん剤を2剤以上組み合わせて行う治療法)の研究が重要になると考えられます。

 

抗がん剤とは

抗がん剤はDNAの増殖を抑えたり、細胞の増殖を阻害したり、体内の免疫機能を強化したりといった方法で、がん細胞を死滅させるために用いられます。がんに対する薬は現在約100種類近くあり、その投与方法や期間、作用機序もさまざまですが、血液に乗って全身に回ることで効果を現すため、正常な細胞もがん細胞と同様に影響を受けてしまい、様々な副作用が現れます。

抗がん剤の副作用が、他の薬に比べて非常に強いことは確かです。悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、脱毛、白血球減少、血小板減少、肝機能障害、腎機能障害等の症状が現れます。近年では、各副作用の症状にあわせて薬剤を投与するなどの個別対応に加え、抗がん剤の一度の投量を減らし回数を増やす等、投与方法を工夫することで副作用を軽減する方法も取られています。外来化学療法が行われるようになった背景として、このような副作用対策が充実してきたことも要因として上げられます。

 

主な抗がん剤の種類

抗がん剤は大きく3種類に分けることができます。

1.DNAが増えないよう細胞に直接作用するタイプ
がん細胞の含め、細胞はDNAを持っています。このDNAが増えるのを様々な方法で阻害することで、がんの情報を持った細胞の増殖を押さえます。このタイプの代表的な抗がん剤は以下の通りです。

■抗生物質
がん細胞の細胞膜を破壊したり、DNAの合成を阻害したりする。マイトマイシンC、ブレオマイシンなど

■アルキル化剤
DNAを変形させて複製不能にする。シクロフォスファミド、ブスルファンなど

■プラチナ(白金)製剤
DNAにくっついて合成を阻害する。シスプラチン、カルボプラチンなど

■植物アルカロイド
複製されたDNAが新しい細胞に行くのを阻害する。イリノテカン、ドセタキセル、パクリタキセル、ビノレルビンなど

■代謝拮抗薬
DNAの合成に必要な酵素を阻害する。テガフール系、メトトレキサート、ゲムシタビンなど

2.がん細胞の増殖に必要な色々な酵素やレセプターに働きかけるタイプ
がん細胞の増殖には、細胞内に情報を伝達するための受容体が必要です、これらの働きを阻害することで、がん細胞の増殖を抑えることができます。このタイプの代表的な抗がん剤は以下の通りです。

■ホルモン剤
乳がんや前立腺がんなど、性ホルモンにより増大する可能性があるがんには、これらのホルモンの作用を阻害が有効。タモキシフェン、リュープロレリン、アナストロゾールなど

■分子標的薬
がん細胞表面のタンパク質やがん細胞増殖に必要な酵素を特異的に攻撃することで、抗がん作用を発揮する。ゲフィチニブ、イマチニブ、トラスツズマブなど

3.がん細胞へ免疫による攻撃を強化するタイプ
がん細胞は本来、自身の免疫によって異物として攻撃される対象です。この免疫の手が緩んだときにがん細胞が増殖し、がん組織として発症すると考えられています。この免疫の力を強める薬剤です。このタイプの代表的な抗がん剤は以下の通りです。

■インターフェロン
細胞がウイルスに感染した時に分泌される物質で、免疫機能の増強や、がん細胞への攻撃を行う。インターフェロンα、β、γなど

■免疫賦活剤(めんえきふかつざい)
人体がもつがんへの攻撃力を高める。レンチナン、ウベニメクス、インターロイキンなど